サービス

ホーム > サービス > キャンパスネットワーク(学内NW)の利用

はじめに
サービス・システム一覧
岡大ID・パスワードの利用・変更・再設定
ネットワークの利用
メールの利用
ソフトウェアの利用
ホームページの作成
サーバの管理(教職員向け)
その他サービス
事務情報システムの利用(事務職員向け)

キャンパスネットワーク(通称:学内ネットワーク)の利用

 岡山大学では、「生活系」と「研究系」の2種類の学内ネットワークがあります。
 また、学内ネットワークに接続するための方法は、「Web認証」と「MAC認証」の2種類になります。

ネットワーク説明(通信速度等の違いはありません。)
生活系インターネット・メール等に利用する一般的なネットワークです。
本学教職員・学生であればどなたでも利用可能です。
研究系部局・研究室等に限定・制限をかけて利用できるネットワークです。
教職員は、研究系VLAN申請により研究系ネットワークを作成することができます。
次の場合には、「研究系ネットワーク」が適しています。
 ・特定のメンバーのみが接続可能なネットワークが必要
 ・外部からアクセス可能にするため、グローバルIPアドレスが必要
 ・その他特殊なネットワークが必要(要相談)
研究系VLAN申請
接続方法説明
Web認証学内ネットワーク接続時に表示される画面にて岡大ID、パスワードを入力し認証する方法です。
初期の状態はWeb認証になります。
MAC認証学内ネットワーク接続機器(PC、タブレット等)のMACアドレスを登録して自動的に認証・接続
する方法です。
変更する場合は、統合認証システムにてネットワーク接続機器のMACアドレスを登録します。

利用方法

生活系ネットワークの利用方法について
研究系ネットワークの利用方法について

ネットワーク利用でお困りの際は、よくある質問をご覧ください。
※カテゴリは「ネットワーク利用」を選択してください。

サーバ管理者の方へお願い

サーバ管理者の方へお願い

学外から学内への通信遮断について

http(80)、https(443)を除き、学外から学内への通信は原則遮断しています。
グローバルIP管理者からの申請により一部通信可能にしています。
基幹ネットワーク

学内のDNSについて

DHCP有効ですと、自動的にDNS設定が行われます。
DHCPを使用せず、手動でDNSを設定する場合は、以下を設定してください。

150.46.44.3
150.46.44.4

TOPICS



DMZ、DCへ設置する端末をMAC登録するには

 DMZ、DCへ設置する端末をMAC登録したい場合は、統合認証管理システムにログインし、「研究系NW(MACアドレス登録)」を用いてMACアドレスを登録してください。
 利用に必要な固定IPアドレスは、登録受理後、情報統括センターからお伝えします。

NW認証設定方法については以下をご覧ください。
NW認証用ロール利用の手引き




生活系・研究系へプリンタを登録するには

 統合認証管理システムにログインし、「生活系NW(MACアドレス登録)」、「研究系NW(MACアドレス登録)」を用いてMACアドレスを登録してください。
利用に必要な固定IPは、登録受理後、情報統括センターからお伝えします。

統合認証管理システムのネットワーク設定項目

設定画面登録先NW用途登録機器(例)IPアドレス
スマートフォンMACアドレス登録生活系(所属、身分別) ・スマートフォンを登録(共用端末は登録不可)
※登録者が管理責任を負うことになります。
スマートフォン利用時に自動的に割当
生活系NW(MACアドレス登録)学内共通・生活系でWEB認証できない端末を登録
・生活系との通信のみ可能
 ※学外へアクセスすることはできません。
プリンタ(有線のみ)、無線APなど端末登録後、情報統括センターからIPアドレス割当を通知
研究系NW(MACアドレス登録)研究系1,2,3,4・研究系NWにMAC認証端末を登録 プリンタ(有線のみ)、無線AP、ファイルサーバなど・動的割当と、固定割当の選択可
・固定IPが必要な場合は、端末登録後、情報統括センターからIPアドレス割当を通知
設定画面登録先NW用途
VLAN(研究系VLAN登録)研究系1,2,3,4・利用可能なVLANを登録・確認
・デフォルトVLANを変更
登録されたVLANはWeb認証時に「岡大ID@VLAN番号」と入力することで利用可
デフォルトVLANとしては、@以降省略可"

※MACアドレス1つにつき登録先NWは1ヵ所のみです。複数のNWへ登録することはできません。

統合認証管理システム
NW認証用ロール利用の手引き

電子ジャーナル・データベースのトラブルの解消について

 研究系ネットワークへ移行された後、今まで読めていた電子ジャーナルに対して接続エラーが発生した場合には、以下まで電子ジャーナルのタイトルとアクセスされたキャンパスをお知らせください。

【問合せ先】
 附属図書館受入グループ
 E-mail:fbf7320@※
 (※ E-mailアドレスの末尾には adm.okayama-u.ac.jp をお付けください。)