サービス

ホーム > サービス > SSHによる安全なサーバアクセスについて

初めての方へ(学生向け)
システム・サービスの一覧が見たい
岡山大学で契約しているソフトウェアを利用したい
岡大IDが欲しい・変更したい
ネットワークを利用したい
パスワードを忘れた・変更したい
無線LANを利用したい
Eメールを使いたい
学外から学内ネットワークを利用したい
岡山大学Gmailを使いたい
ファイルを共有して使いたい
出席管理を行いたい
クラウドサービスを使いたい
バックアップを行いたい
サーバをセンターに預けたい
遠隔講義・テレビ会議・動画配信を行いたい
UPKIサーバ証明書を使いたい
ポスター等大型印刷物を印刷したい
ホスト名を持つサーバを設置したい
Officeソフトの使い方を学びたい
各種サーバを使いたい
岡山大学動画ライブラリ
ネットワークの状態を確認したい
携帯電話から印刷したい
情報実習室を利用したい
よくある質問とその答え(FAQ)
情報統括センターから配信するメールについて
サービス一覧

SSHによる安全なサーバアクセスについて

FTPによるファイル転送やtelnetを用いてサーバ接続を行なう方法は暗号化されないため、クライアント(接続元)とサーバ(接続先)の間のログイン時のパスワードや通信内容を傍受される可能性があります。
現在、FTPやtelnetでサーバアクセスを行なっているユーザの方は、接続する側のパソコンに秘密鍵を置き、サーバ側に公開鍵を置く方法で、より安全にサーバにログインすることをお勧めします。
具体的には次の方法を参考にしてください。

【本件お問い合わせ先】利用者相談窓口
学内:内線(津島)7232,7236 学外:086-251-7232 E-mail:利用者相談メールアドレス
(※ E-mailアドレスの末尾には okayama-u.ac.jp をお付けください。)