サービス

ホーム > サービス > FAQ > 16.目的別にGmail受信時のメールアドレスを使い分けたい

初めての方へ(学生向け)
システム・サービスの一覧が見たい
岡山大学で契約しているソフトウェアを利用したい
岡大IDが欲しい・変更したい
ネットワークを利用したい
パスワードを忘れた・変更したい
無線LANを利用したい
Eメールを使いたい
学外から学内ネットワークを利用したい
岡山大学Gmailを使いたい
ファイルを共有して使いたい
出席管理を行いたい
クラウドサービスを使いたい
バックアップを行いたい
サーバをセンターに預けたい
遠隔講義・テレビ会議・動画配信を行いたい
UPKIサーバ証明書を使いたい
ポスター等大型印刷物を印刷したい
ホスト名を持つサーバを設置したい
Officeソフトの使い方を学びたい
各種サーバを使いたい
岡山大学動画ライブラリ
ネットワークの状態を確認したい
携帯電話から印刷したい
よくある質問とその答え(FAQ)
情報統括センターから配信するメールについて
会議等のスケジュール調整を行いたい

目的別にGmail受信時のメールアドレスを使い分けたい

Gmail では記号「+」を使って別名アドレスを作成できます。
別名アドレスとはメールアドレスのコピーみたいなものです。
利用シーンとしては学生の場合はサークル毎の連絡に、先生の場合は複数講義毎の学生との連絡使い分けに利用できます。

次のように使えます。

メインのアドレス:mygmail@s.okayama-u.ac.jp

別名アドレス:mygmail+kougi1@s.okayama-u.ac.jp

どちらに送っても mygmail@s.okayama-u.ac.jp に届きます。

送信する相手に予め受信したいエイリアスメールアドレスを伝えておく事により、目的別のメール管理が簡単に出来るようになります。

また、岡山大学Gmailの機能として利用できる統合認証基盤サービスのGmailエイリアス機能もあります。
詳細はセンターホームページを参照ください。

参考URL