サービス

ホーム > サービス > 情報統括センターから配信するメールの正当性確認方法(電子署名:S/MIMEによりセキュリティを強化)

はじめに
サービス・システム一覧
岡大IDの利用(パスワードを忘れた)
ネットワークの利用
メールの利用
ソフトウェアの利用
ホームページの作成
サーバの管理(教職員向け)
教育向けサービス(教員向け)
その他サービス
情報実習室・教育用パソコン・施設の利用
事務情報システムの利用(事務職員向け)
その他

情報統括センターからの配信メール

 情報統括センターから公式に発信する電子メールは、電子署名(S/MIME:Secure Multipurpose Internet Mail Extensions)を添付しています。電子署名のあるメールは次のことが保証されています。

  • 電子メールの送信者が情報統括センターであること
  • 電子メールの内容が途中で改竄されていないこと

【電子署名を添付するメールアドレス】
  S/MIMEメール

【送信メール内容】
  • 情報統括センターから公式に通知するもの
  • セキュリティ情報など、学内に定期的に送るもの
  • その他、署名を付けるのが適切と思われるもの

なお、S/MIMEの証明書は、国立情報学研究所(NII)が発行したものを使用しています。

Thunderbird の場合
Outlook2016 の場合
WebMail の場合

ご注意

  • 電子署名を正しく表示するためには、パソコンのメール受信用ソフトがS/MIMEに対応している必要があります。S/MIMEに対応していない場合、メール本文は表示されますが、電子署名部分が「smime.p7s」という添付ファイルとして表示されます。
  • 以下のメールソフトは電子署名に対応しています。最新バージョンでご使用ください。ただし、日本認証サービス株式会社の証明書のインストールが必要な場合があります。
     Outlook Express、Outlook、Shuriken、Mozilla Tunderbird、秀丸メール、Becky!、Mac Mail、Windowsメール、Windows Live メール
  • 情報統括センターのWebMailサービスも電子署名に対応しています。
  • 携帯電話、GmailやHotmailなどのWEBメールは、電子署名の表示に対応していません。(署名部分が「smime.p7s」という添付ファイルとして表示されます)
  • メールサーバで.forward等による自動転送は問題ありませんが、メールを中継転送したい場合に、送信者、受信者、本文への追記等があった場合には、不正なメールとして表示されることがあります。