ニュース

ホーム > ニュース > 留学生向け著作権関連教材の提供について

留学生向け著作権関連教材の提供について

 岡山大学では平成30年度には1500人程度の留学生を大学院生として受け入れて
います。そのような中で、一部の留学生によるソフトウェアの不正コピーの使用や
オンラインジャーナルの海賊版ダウンロードなど、著作権侵害の疑いの強い行為も
複数回発生し、教育・研究活動に支障が出る事態に至っています。
 本学では、研究生、大学院生として来日した学生に対するコンプライアンス教育
の機会が無いことが、大学院の留学生による著作権侵害の発生の原因となっていこ
とが考えられます。そのため研究生、大学院生を対象に、研究活動を行う上で必要
な著作権についての知識を習得するための教材を用意いたしました。
これらの教材はe-learning教材としてmoodle上に実装しております。

 各部局で研究室に大学院の留学生を受け入れて指導されている先生方におかれま
しては、学生が編入学してきた後のできるだけ早い時期に、このe-learningを受講
するようご指導いただきますよう、よろしくお願いいたします。
 なお受講方法につきましては、別紙1に掲載しております。

 また、留学生以外の日本人学生につきましても、他大学から進学してきた大学院
生等を受け入れている場合は、同じコースに同教材の日本語版PDFが用意してござ
います。英語教材ではよく理解できないという学生には、そちらを参考にするよう
ご指導いただきますようお願いいたします。

別紙1:受講方法 howtotakecompliance.pdf