サービス

ホーム > サービス > FAQ > 7.携帯電話などへメールを転送したい

初めての方へ(学生向け)
システム・サービスの一覧が見たい
岡山大学で契約しているソフトウェアを利用したい
岡大IDが欲しい・変更したい
ネットワークを利用したい
パスワードを忘れた・変更したい
無線LANを利用したい
Eメールを使いたい
学外から学内ネットワークを利用したい
岡山大学Gmailを使いたい
ファイルを共有して使いたい
出席管理を行いたい
クラウドサービスを使いたい
バックアップを行いたい
サーバをセンターに預けたい
遠隔講義・テレビ会議・動画配信を行いたい
UPKIサーバ証明書を使いたい
ポスター等大型印刷物を印刷したい
ホスト名を持つサーバを設置したい
Officeソフトの使い方を学びたい
各種サーバを使いたい
岡山大学動画ライブラリ
ネットワークの状態を確認したい
携帯電話から印刷したい
情報実習室を利用したい
よくある質問とその答え(FAQ)
情報統括センターから配信するメールについて
サービス一覧

携帯電話などへメールを転送したい

Gmailで受信したメールを携帯電話や自宅プロバイダのアドレスに転送することができます。


  1. Gmail ページ右上にある歯車のボタンから「設定」をクリックします。
    設定


  2. 「設定」ページの上部にある「メール転送と POP/IMAP」をクリックします。
    メール転送と POP/IMAP 設定


  3. 「転送」の項目にある「転送先アドレスを追加」ボタンをクリックします。
    転送先アドレスを追加


  4. 転送先のメールアドレスを入力し、「次へ」をクリックします。(例:xxxxx@docomo.ne.jp)
    その後、メールアドレスの確認、確認コードの送信確認画面が表示されますのでそれぞれ「続行」、「OK」をクリックします。
    転送先アドレスを追加

    転送先アドレスを確認

    確認コードを送信


  5. 入力したメールアドレス宛てに確認のメールが送られます。
    確認コード


  6. 確認メールに書かれたURLをクリック、もしくは確認コードを入力して「確認」をクリックします。
    確認メール

    確認後の表示


  7. 受信メールを「(転送先メールアドレス)」に転送して「(転送後の処理)」にチェックをします。
    プルダウンメニューで転送後のGmail側でのメールの処理方法を選択できます。

    「岡山大学のメールを受信トレイに残す」ではメール転送後も通常通りGmailの受信トレイに保存されます。
    「岡山大学のメールを既読にする」ではメール転送後、既読状態で受信トレイに保存されます。
    「岡山大学のメールをアーカイブする」ではメール転送後に「アーカイブ」されます。
    「岡山大学のメールを削除する」ではメール転送後にそのメールは削除されます。
    転送後の処理


  8. 「設定」ページの下部にある「変更を保存」をクリックして変更内容を保存します。
    変更を保存

応用
「フィルタを作成」して、特定の条件に一致するメッセージを転送することもできます。
詳しくはフィルタを作成の項目を参照してください。